2017/09/06 15:17

こんにちは、ラボ小林です。

今回は志摩市浜島町にあるビン玉ロードのご紹介です。

この「ビン玉」とは、漁や養殖のときに使うガラスでできたボールのような浮きで、「浮き玉」や「ブイ」とも呼ばれているそうです。
人によってはオレンジ色した樹脂製のものの方がよく見かけるって方も多いかと思います。このビン玉ロードのビン玉はガラス製でこの中にろうそくの様な形をした電球が入っています。
日が落ちると小さな光で道を灯してくれます。
そんな夕日とビン玉ライトを楽しみながら散歩できる道が「ビン玉ロード」です!
夕日のときはこんな感じです。


前はよく夕方に散歩していたのですが、先日、久しぶりに夜に歩きに行ってみると、ビン玉の中はろうそくではなくイルミネーションに変わっているところもあり、とてもきれいでした。


イルミネーションな感じが、とても雰囲気良かったのでカップルで散歩デートなんかも良いかもしれませんよ♡
ビン玉のライトは道を灯すほどの光量ではないので、基本的に暗いです。
男性は女性をエスコートしてあげることによって彼女に紳士的な男らしさをアピールするチャンスかもしれませんよ?
僕はできたと思っています(要確認)
まだ行っていない方はぜひどうぞ。